企業間コラボレーション

大学の先生と作った日本で唯一の
「シミュレーター血管モデル」

「学生に新しい治療を体験させること」を目的に。医療大学編

学生教育用TAVI「シミュレーター血管モデル」

心臓の弁の手術を患者さんの負担なくするための手技を練習する為のアクリル製装置、学生教育用TAVI「シミュレーター血管モデル」。

大学の先生からご依頼を受け、共同開発させて頂きました。現在臨床工学の教育現場に設置しているのは国内で「森ノ宮医療大学」だけ(2021年7月現在)という貴重な超精密シミュレーターです。

 

教育機関での課題

国内でシミュレーター血管モデルを制作した教育機関での前例はほとんどなく、多くの病院では企業からのアクリルモデルやアニメーションや手術映像を見ながら練習している状況。

→映像を見るだけではどうしてもリアルな感覚がつかむことができないという大きな課題。

 

森ノ宮医療大学臨床工学科の目的

同大学臨床工学科では「学生に新しい治療を体験させる」を目的としており、加納寛也准教授を中心に開発に取り組むことになった。そこで当社にご依頼いただいたのです。

→この装置によりリアルな感覚がつかむだけでなく、解剖学の観点からも学ぶことが可能になりました。

 

商品開発

大学で約一年を構想に費やし、製作に移る段階で当社にご相談をいただきました。

問題を解決するには何が必要か考える

実際の大動脈の太さ24~28㎜に合わせてカーブ状に空洞を作る技術は難しく、正確に再現するため打ち合わせを繰り返しました。ご相談を頂いてから約半年の時間をかけて完成にこぎつけました。

お役に立ててとても嬉しかったです。

お悩み解決グッズ完成

森ノ宮医療大学様季刊誌
森ノ宮医療大学様季刊誌

森ノ宮医療大学の季刊誌で紹介されました。

学生教育用TAVI「シミュレーター血管モデル」
アクリル透明t18  2層構造 W750xH280

>森ノ宮医療大学での紹介ページ

相談を頂いた経緯

 

 

1年の構想を経て大事な機器を作る過程で、当社に依頼頂いた経緯をお伺いしました。

Q:どうやって匠工芸にたどり着きましたか?

アクリルを用いた可視化の教材を求めていました。Web検索をしていたところ何でもご相談ください!とあったので気兼ねなくご相談させて頂きました。

Q:匠工芸に選ばれた理由は?

教育現場ではワクワク感も重要と考え、御社の精密な武器モデルなどを拝見し私のワクワク感が湧き出し決めさせていただきました。

 

匠工芸のご近所にお住いの方で、通勤の際前を通っていて元々ご存じだったこともあり、問い合わせをいただきました。「カタチにしたい」という熱い想いに協力させて頂き感無量です。

当社で製作している商品を見る

あきらめないで その想いカタチにします。

info.png